楽天検索

米国防総省が公開した「UFO映像」の正体が判明! あの大槻名誉教授が見抜いた不審点

米国防総省が公開した「UFO映像」の正体が判明! あの大槻名誉教授が見抜いた不審点 © AERA dot. 提供 米国防総省が公開した映像に映る飛行物体(中央)。雲の上を高速で飛んでいるような様子が記録されている(写真:米国防総省)

米戦闘機が撮影した「UFO」の動画が公開された。日本上空にUFOが現れたら政府はどう対応するのか。
AERA 2020年6月15日号では、早稲田大学名誉教授で物理学者の大槻義彦氏教授が「UFO映像」についての見解を述べた。

「もう間違いなく、どっかの星から来ている」

 大阪在住のタレントで、日本UFO協会のミスターキャロ会長がそう興奮気味に話すのは、コロナ禍中の4月下旬、米国防総省が公開した3本の「謎の空中現象」の映像だ。その筋では、「UFOに間違いない」と話題になっている。

 公開されたのは、戦闘機の赤外線カメラが捉えた約30秒~1分15秒の白黒映像計3本。1本は2004年11月、残りの2本は15年1月に撮影された。米海軍戦闘機のパイロットが撮影したものだ。

 映像を再生すると、雲の上を何かが高速で移動する様子が確認される。15年の映像では、楕円形の物体が高速で上空を移動する様子が映っていて、物体が途中で回転を始めるとパイロットが「あれはなんだ! 回転しているぞ」と驚きの声を上げる様子が収められている。確かに、今まで見たことがない物体だ。もしかして……。

 が、国防総省は声明で物体の正体は「未確認」と説明。この時期に公開したのは、「機密の暴露にはつながらず映像の信憑性や他の映像があるかなど、市民に誤解を与えないため」。

 そんな映像をキャロ会長が「UFO」と断言するのは、その飛び方からだ。

「直線状に速いスピードでまっすぐ飛んで、飛びながらゆっくり旋回していく。あれは重力を制した飛び方なんです」

 しかし、UFOとしてよく間違えられるプラズマも同じような動きをするとか?

「いいえ、プラズマだったらもっと動きが変化しています」

 UFOとは英語の「Unidentified Flying Object」の頭文字を並べたもの。元々は文字どおり「未確認飛行物体」の意味だが、多くの人が抱くイメージは「空飛ぶ円盤」だろう。

 超常現象としてのUFOと思われる物体は古代から度々目撃が報告されている。メディアにUFOが報じられたのは1947年6月、米国人のケネス・アーノルド氏がワシントン州上空で9個の奇妙な物体を目撃したのが最初だ。「アーノルド事件」と呼ばれ、その頃から世界各地で目撃談が相次ぎ、世界中でUFOブームが起きた。

 実は、日本では戦後を代表する作家、三島由紀夫がUFOマニアだった。およそ文学の世界になじまないように思われるが、三島のUFO好きは仲間内で有名だった。55年に結成された日本初のUFO研究団体「日本空飛ぶ円盤研究会」の初期メンバーで、会員番号は「12」。都内の自宅屋上で、UFOらしきものを目撃したこともあるという。さらに62年、37歳だった三島は『美しい星』という円盤が出てくるSF小説を書いている。

 同研究会は02年まで活動を続け、一時は1千人近い会員を擁した。三島の他にも、作曲家の黛敏郎や作家の星新一、日本の宇宙開発の父・糸川英夫、元東京都知事の石原慎太郎らそうそうたる面々が名を連ねた。

 時は流れ、令和の時代。日本上空にUFOが現れたら、政府はどう対応するのか。河野太郎防衛相は米国防総省の映像公開に合わせ、「万が一、遭遇した時の手順をしっかり定めたい」と述べた。そこで、防衛省に聞くとこう回答した。

「まず、国籍不明機であれば、日本領空に接近する『未確認機』という扱いになり航空自衛隊による緊急発進、つまりスクランブルがかけられます」(報道室)

 スクランブルは、北海道から沖縄県まで7基地に配備された戦闘機が飛び立ち、対象機の行動を監視、識別する。領空侵犯の恐れがある場合まずは英語で、

「貴機は日本領空に接近しつつある。速やかに退去せよ」

 などと針路変更を呼び掛ける。国籍が判明すれば、「母国語」で通告を行うという。

 通告のかいなくそのまま飛行を続けた時は、自衛隊法第84条に基づく「対領空侵犯措置」へと切り替わる。警告のため曳光弾を交ぜた信号射撃を行ったり、強制着陸させたりできる。

 もし相手が攻撃してきたら。その時は、あくまで仮定の話だとしてこう話す。

「警察権に基づいて反撃します。警察の正当防衛と同じと考えていただくとわかりやすいと思います」(同)

 ここまでは「国籍不明機」の話。UFOのような「未確認飛行物体」について、防衛省は次のような見解を示す。

「まず、UFOがレーダーに映るのかという問題があります。アメリカの国防総省が公開した4月の動画もレーダーに映りスクランブルがかかったのでなく、たまたま訓練中にパイロットが出くわしたもの。それは『機』ではなく『物体』、つまり『未確認物体』となります。未確認物体の場合、レーダーに映っていませんからスクランブルはかかりません」

 UFOと言えば、忘れてはいけないのが早稲田大学名誉教授で物理学者の大槻義彦氏(83)だ。90年代、科学者の立場から「UFOは存在する派」とテレビで激しいバトルを繰り広げてきたことを覚えている読者も多いだろう。そんな大槻氏に、今回の「謎の空中現象」をどう見ているか聞くと、

「明らかな自然現象です」

 とバッサリ。映像には明らかに不審点があると言う。

「もし、パイロットが不審な飛行物体を目撃してレーダーで捕捉できないとなれば、捕捉レーダーを照射して追尾するはずです。そういうことを一切していません。つまり、パイロットは、不審な物体を深刻なものと考えていないわけです」

 もしプラズマであれば、白く輝いて映るが、映像では黒く映っているからプラズマではない。昆虫とも違う、という。大槻氏の見立てはこうだ。

「雲の中に発生した乱流にできた穴です」

 氏によれば、「UFO」に見えるのは乱流の激しい回転によって水蒸気が吹き飛ばされてできた穴で、水滴の水が薄くなり穴となっているだけと話す。

「黒く見えるのは太陽光線の加減で、途中で光線が当たると白くなっているんです。乱流というのは乱れているわけですから、複雑な運動をするのは当たり前。パイロットたちも、自然現象として驚いているわけです」

 結局、UFOは存在するのか。誰にも正解はわからない。そう、信じるか信じないかは、あなた次第だ。(編集部・野村昌二)

※AERA 2020年6月15日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。